読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころは錦くん  ❔

書いてみませむ 思ふところを 複数人で

大事なことで大切なこと  その2

 

 

大事なことで大切なこと その2です。

 

緊 急 のお知らせ

 

ただいま、別人が書いてます。

C次郎氏が、急用でなにか

南米?のウルグアイという所で

屋台を引いてくると言って飛行機で

日本を出てしまい、

どうまとめていいのか途方に

くれてます。

 

若い人とおじさんおばさんの

感覚のずれはしょうがない

ですよね。そうやって世代が

交代していくんだと思います。

 

ただ思うのは、子どもの時はもっと

親と子?大人と子供の文化?はもっと

はっきりと分かれていたと思います。

 

おじさんは休日でもシャツか

ポロシャツとスラックスに合皮の靴。

それにパイプ?みたいなのをくわえて

ベレー帽やハンチングみたいなのを

かぶったりして、帽子を取ったら

七三でしたよ、みたいな。

 

おばさんもサザエさんじゃない

ですけどゆるいパーマを当てて

わりと地味目なベージュなどのラフな

恰好をしてたような気がします。

 

森光子さんじゃないですけど割烹着を

着ているおばさんもいましたね。

若い人はアメリカンカジュアル

一辺倒だったと思うから、

若い人と若くない人(笑)は遠目でも

一目瞭然でしたね。

 

20年30年とたっても、昔に比べて

その差?感覚の差は少ないかなと

感じるので、おじさんおばさんに

なったんだからいさぎよく

境界線を引く?というところが

あいまいになっているのでは、と

思いますねやっぱり。

 

若い人が若者文化を作るのは当然

のことだと思いますし、やっぱり

おじさんおばさんが文化を

作れていないのがだめなのかな、

とも感じています。

 

うまく伝わっているか心配ですが、

C次郎氏もそういったニュアンスを

伝えたかったのでは?と

勝手に解釈しています。

 

ほんとにまとめ切れて

いませんが、

 

おじさんおばさんの文化を作る

 

この作業を始めていった方が

いいのでは、ないでしょうか。

 

30才はまだしも、40になっても

50になっても依然として

アメカジと

若作り(放送コードぎりぎり)

では、わたしたちの世代は

あまりにも貧弱貧相すぎ

ますもんね。

 

おじさんおばさん文化が貧弱

発想の貧困

 

哀しいです。

 

清潔感のある七三

髪がふつくしいゆるパーマ

 

ただのファッションやん。

いやそれも文化一歩目かと。。。

 

自分たち世代の文化というもの

を構築するようになれば、

 

あのコなまいき!

あのコ常識はずれ!

 

いい大人が余裕のなさすぎる

幼稚な言動を減らし、

 

言葉どおりいい大人に変身、

素敵(ソテキ)なおじ様おば様に

なっていけるのではないか、と。

 

うまく結べたのか自信も持ち合わせ

ませんが、締めくくります。

以上、C美が担当しました。