こころは錦くん ❔

意見有るつまらぬ記事&誰かに役立ちそうな広告を

☆       ☆       ☆
当処は全面工事中により、表示の不正な箇所もありますから、諒解を願います
☆       ☆       ☆
☆       ☆       ☆

髙木菜那選手、王者オランダを破り日本女子選手初の金メダル2冠おめでとう!

 
 
平昌 マススタート決勝に臨む髙木菜那
(拡大できます)
 
 
 
マススタート 髙木菜那ウィニングラン
(わりと拡大できます)
 
髙木菜那選手
女子団体パシュート金メダルに続いて、新競技であるマススタートの初代王者に輝き、日本女子選手初金メダル2冠の大金星おめでとうございます!
 
(少々拡大可)色々有り過ぎの韓国でも、
喜びの爆発を堂々表現する太い肝
 
 
 
 
 
今、過去最高に熱いに違いない女子スケート界!
 
ソチ五輪の屈辱から今日までの、過去4年の汗と涙の猛訓練の結晶を結実爆発させたこの精華!
 
これを映画化したとしても、きっと素敵な物語になるのではと思わせる熱い日々だったのだろうな、と思います。
 
 
さて、髙木菜那選手。
新競技マススタート。
 
 
意識(闘志)が一番最後まで途切れず、誰より強いその気持ちが王者オランダから韓国から、4個目の金メダルを見事勝ち取らせたものでしょう。
 
この4年の猛訓練と天性の優れた勘が、最高の判断場で遠心力を無視し大胆にインを衝かせると同時に勝負のどっかんターボを働かせ勝った。
 
イレーネ・スハウテン(蘭) 髙木菜那(日)
キムボルム(韓) (そこそこ拡大できます)
 
なにィィっっ インを衝く髙木菜那
(結構拡大できますよ)
 
漫画ならまさにここで「なにィッっ!!?」って言うとこですよね、先頭のイレーネ・スハウテン(オランダ)が!
 
気持ちも乗ったでしょうね、妹の髙木美帆選手、転倒させられた佐藤綾乃選手に先輩菊池彩花選手そしてパシュートには出られなかった押切美沙紀選手の。もう戦友なんやね、多分。
 
マススタート 佐藤綾乃転倒させられ無念
(拡大して可哀想な佐藤選手を見よ)
 
自分の力を個人競技でも証明できて、みんなの熱視線にも応えられて本当に嬉しかったことと思います。おめでとうございます!
 
(拡大可) 髙木菜那 日の丸 平昌で2冠
 
この髙木菜那という選手を頭に考えます時、色んな事が浮かんできます。
 
マススタートで勝ち、緊張感から解けたあとの仕草は可愛らしいと思えますね。この体格で菊池選手や押切選手と共にスケート日本代表の一角を引っ張ってきたかと思うと、おっさん連も‥胸が目頭が熱くなってくるんやね、人一倍努力したんやろうな苦しかったやろなあ、と。
 
髙木菜那 マススタート金メダルの喜び
(拡大は一応可)
 
体格に恵まれない運動選手の心と観客の心も動かしましたね、「やればできるぞ」と。
 
 
それから、周囲の期待や外野の熱視線が妹の高木美帆選手に集まるのがつらかった、と。
 
本当かはわからんけど、しかしね‥お姉ちゃんが金メダルを取ったことを誰よりも喜んでいるのはやっぱり妹だと思うね。
 
妹や弟いうのは、姉貴や兄貴が活躍して輝くのを何よりも誇らしく感じるらしいからね。
 
世界中の姉や兄に勇気を与えたかは知らんけど、自分の妹に(大きく)勇気を与えたのは、これは確かだろう、と思うよ。
 
 
あとね、気がかりなのは妹の美帆選手が周囲の(無責任な)期待が重過ぎたから、表情やコメントが精一杯突っ張ってて未だ張り詰めてるなと感じるのは‥おっさん連だけかな‥。
 
このオリンピックに総てを懸け、色々犠牲にし弱年ながらに重い責任感で張り詰めた糸が未だ解けぬように見える‥(違うかな?)。
 
妹を一回思いっ切り泣かせてリセットさせてやり、万感の未だ張り詰めた思いを切って新目標に向かわせてあげられるのは、誇らしい2冠の姉貴しかいないような気がするんやけどね。
 
(超外野のおっさん連の単なる思い過ごしだったら、いいんだけれどね)
 
 
このように、スケートそれもフィギュアでなくスピードスケートの選手に色々と思いを致す(厚かましくも心情にまで)事は、おそらく初めての経験であると記憶します。
 
こんな超外野のおっさん連までもが熱くスケート選手を応援する事は‥いまスケートが熱い!きてる!と安直にも想像してしまうのですが、それもこれも日本スケート界が長く苦しい猛特訓の成果を晴れて我ら国民に見せつけて(魅せ付けて)くれたからですよ!
 
 
この時期、芸能人ですらすっかり影も薄くなってしまって五輪選手こそがまさに花形、中でも兵隊のような(?)生活をして戦友となり猛訓練に明けたらしい女子スケート界こそは、結果に最も結実させ五輪中盤以降の主役でした。
 
また大車輪の髙木姉妹こそはまさに最優秀選手だったのであります。
 
そしてそしてまたその中の髙木菜那選手こそは、再終盤に勝負どころをあらかじめ決めてそこまでは徹底して敵の後ろに付き続けて最後の余力を蓄える戦い方をできて、そして予定通り最後に勝った(多分)。
 
この成功は、ほぼオランダの独壇場である女子1500m、3000mそれに5000mの長距離滑走競技でも、今後日本が要所を徹底し猛訓練すれば冬の王者オランダにも勝てる可能性があることを示せた意義深い勝利だったと感じます。
 
髙木菜那 マススタート表彰台
(拡大は一応可)
 
それでは髙木菜那選手、小さな体でどえらい大きな仕事をご苦労様でした。
 
テレビで見ていた一億国民は髙木姉妹をあれこれと比較などはしていないと思うから、今後は金メダリストとして堂々と羽生結弦選手のようにぜひ王者防衛戦に勤しんでくださいね。
 
今後も姉妹で高め合ってください。くれぐれも同じ人に恋をすることなどは無いように、四(非)国民としてお願いします。
 
そういうのは(意外に有り得る)危険すぎる為、それだけはやめて下さい。
 
お疲れ様でした!
 
 
 
店長&店長代理&L男&C次郎筆